一戸建てリフォームと間取り

マイホームを新築するときには使いやすく生活しやすい間取りを十分に考えて建てたとしても、家は生活しているうちに何れは使いにくかったり不便に感じたりする場所が出てくるものです。家の中で生活する家族自身が年月の経過と共に成長していったり家族構成が変化したりするために、家に求められる機能や使いやすい間取りの条件も当然変わってくるものだからです。
子供がまだ小さなうちなら親と一緒に時間をすごすことが多いので寝室も一緒でいいのですが、ある程度大きくなってくればそれぞれに個室を欲しがるようになることが考えられます。可能な範囲の中で子供たちに独立した空間を提供する事が出来ても、子供が社会人になって家から巣立っていけば、今度は家の中ががらんとしてしまい、子供部屋を作るために細かく区切られた間取りにつかいにくさを感じるようになります。こんなふうに、家はそこで暮らす家族と共に成長していくものです。でも、多くの場合必要になるたびに引っ越したり注文住宅を新築したりするのは無理な話で、ある程度フレキシブルな間取りの家を建てたら、少しずつ工夫しながら生活しやすい状態にできるようにしていくのが一般的です。

家を建ててからも壁や床を張り替えたり、水周りの設備機器を取り替えたりといった小規模な改修は必要ですが、間取りそのものを大きく変えるような大規模なリフォームはそれほど何度もできるものではありません。そのため、家を大幅にリフォームするか、それとも新しく注文住宅を新築するかという点は多くの人が迷うといわれています。せっかく苦労して手に入れた一戸建てを長く住み続けるにはリフォームが最適なのですが、問題はどのタイミングで大規模なリフォームをするかという点にあります。例えば定年を迎えて家で過ごす時間が増えたとき、あるいは子供たちがそれぞれに独立してそれほど広い家が必要ではなくなったとき、介護の必要な状況になったときなど、その人のライフスタイルが大きく変化するタイミングで大規模なリフォームを行うのが最も合理的だと言えます。

将来どうなるかわからない状態を予想しながらムダのある間取りにして、今現在の生活が不便なようでは意味がありません。あくまでも今現在の暮らしが最優先で、その上で予想される将来への対策をできる範囲で行っておくというのがオススメです。家の寿命を延ばすメンテナンスのためのリフォーム、そして長く快適に住み続けるためのリフォームはいつどんな風におこなうか、その時期の見極めが重要なポイントになります。